日産ノートの査定で損しない為に知っておきたい事

日産ノート

 

日産ノートの査定結果

 

 

2013年式日産ノート1.2メダリスト走行距離5万キロ

 

 

 

査定結果
G社55万円
B社  45万円
A社  40万円
U社  48万円
C社  43万円

 

 

 

同じ日産ノートを査定しても結果には大きな違いがあります。談合でもしない限り査定額は揃いませんよね。
G社だけで査定してもらった人とA社で査定してもらった人の差が15万円です。

 

 

 

 

技術の日産の車が大好きでハコスカ時代から日産のファンです。

 

 

 

さすがにプリンス自動車の頃についてはあまり知りません。

 

 

 

スカイラインは大好きでハコスカのスタイリングが大好きです。

 

 

 

ハコスカは今でもカッコイイですね。

 

 

 

特に羊の皮をかぶった狼伝説にははまってしまいました。

 

 

 

技術の日産でしたが一時、低迷した時代もあり、紆余曲折で今の日産があると思います。

 

 

 

 

 

 

 

現在、日産ノートが上位を占める時代になり、日産の復活を感じるこの頃です(^◇^)

 

 

 

発売当時に初代を買いました。

 

 

 

当時は地味な大衆車というイメージでした。

 

 

 

ノートは小回りが良くきくと言う感じです。

 

 

 

とても乗りやすいですね。

 

 

 

2012年以降の2代目のノートにも乗り換えました。

 

 

 

1.5L、1.6Lエンジンからダウンサイジングで1.2Lエンジンになりオプションでのスーパーチャージャーは圧巻です。

 

 

 

1.2リットルのエンジンにスーパーチャージャー付には感じるものがありますね。

 

 

 

それから2016年に発表されたeパワーがノートの人気を不動にしたみたいです。

 

 

 

実は私もこの車を購入したいと思っています。

 

 

 

e-POWERは個性的で素晴らしい出来だと思っています。

 

 

 

私が現在乗って位いるのは2代目のノート1.2メダリストです。

 

 

 

ノート1.2メダリスト2013年式はだいたい査定では30万円くらいでした。

 

 

 

ところで私はこのノートメダリストを売ってe-POWERに乗りたいのです。

 

 

 

 

 

車の査定について

 

 

 

その前に車の査定というものは、大きく変化することを知っておきたいです。

 

 

 

例えば車は新車が最も高いですが、登録されると、基本的には大きく価値が下がります。

 

 

 

それは中古車になるからです。

 

 

 

そして毎年、一定の割合で査定価格が下がると言っても良いです。

 

 

 

実際の価値と査定価格には大きな違いがありますので、車の価値を享受したい場合は、査定価格にはとらわれずに車を壊れるまで乗ることが重要です。

 

 

 

また、シーズンには中古車の売買のコマーシャルを見ても分かるように中古車の売買も盛んに行われています。

 

 

 

このことからも分かるように、中古車売買では取引で損も得も大きいのです。

 

 

 

中古車屋さんがたくさんあることからも上手くやれば儲かる業界なのです。

 

 

 

貴方も損しない為に知っておくべきことは知っておいたほうが良いでしょう。

 

 

 

特に愛車を売る時に損をする人が多いです。

 

 

 

中古車の買取業者が熱心に中古車を買い取っていることからも分かると思います。

 

 

 

中古車業界は生き馬の目を抜くような業界なのです。

 

 

 

車を高く売る方法

 

車を高く売りたいなら中古車買取店の査定をたくさん集めることだって商売人の友人に教えてもらいました。
更に中古車買取店から査定をたくさん集める方法も教えてもらいました。
昔なら査定を複数集めることは相当大変だったけども現在は簡単に査定を複数集めることができるサービスが無料で利用できるのです。
中古車買取店を選ぶ側の立場に
よくよく考えてみますと、車買取一括査定サイトを利用すれば一軒一軒査定をしてもらいに回る事が非常に大変だって気が付きました。
なぜなら一括査定サイトなら、最初に査定を依頼する時ですら、すでに10社くらいの査定依頼は済んだようなものだからです。
つまり査定時に最終交渉されても他の買取業者にも同時に査定依頼をしているわけです。
「すべての査定結果がわかった後に私の方からお返事させてください。」って言えるわけです。
これって自分がかなり優位に立っている証拠です。

 

 

 


車買取一括査定
申込数が多いランキング

車を売るならオークション式が最強です。5社以上集める事も重要です。

かんたん車査定

エイチームが運営するサイトです。
エイチームは東証一部上場企業です。
大手の買取店にとても強いので、まずは必ず、利用したいサイトです。


     >>無料査定はコチラ<<

ズバット車買取
ウェブクルーが運営するサイトです。

少なくともズバット車買取とかんたん車査定ガイドの2サイトの利用はおススメです。
大手の買取会社にも強く高値が出る可能性が大です。


     >>無料査定はコチラ<<

カーセンサー

リクルートの運営するカーセンサーは車の雑誌でもお馴染みで情報量が凄くあります。
街の多くの中小買取店が登録しています。
その強みか年数がたった車の買取まで重宝に使える一括サイトです。


     >>無料査定はコチラ<<

 

 

 

日産ノートは日産の世界戦略車として登場しました。

 

 

 

初代は2004年から2012年、2代目は2012年からになっています。

 

 

 

2016年にマイナーチェンジでe-POWER搭載車発表!e-POWERが大いに当たる

 

 

 

初代は1.5L、それに1.6Lエンジンもあります。

 

 

 

初代の車両形式はE11型
2代目の車両形式はE12型となっています。

 

 

 

ノート

 

 

 

 

 

ノート初代ノート2代目
E11E12
2004-20122012-
1.5Lエンジン
1.6Lエンジン
直列4気筒

 

1.2Lエンジン
直列3気筒
直噴スーパーチャージャー
e-Power電気自動車

 

15S
15S Vパッケージ
15E
15RX
15S FOUR
15S FOUR Vパッケージ
15E FOUR
ライダー

 

メダリスト
eパワー
ニスモ

 

 

 

査定のポイント

 

 

 

査定って基本的にそれぞれの車に基準値があってほとんどそれで決まります。
それは車の年式と型式です。後は実際の査定で決まる減額、増額の要素です。
大きな修理、事故歴、走行距離などを最初から正直に話せばけっこう簡単に査定結果は出ます。
問題点を隠すようなことをしないほうが賢明です。
走行距離の基本は普通車が1万キロ、軽自動車が8千キロです。
10年、10万キロは目安に過ぎません。
実際には今の車は20年、20万キロ以上走ることができます。
査定は一社で受けるよりも5社以上の査定で情報を集めてから売るのが間違いない方法です。
車を査定してもらう時はあなた自身もみられていることを意識したほうが良いです。
怪しい人から車を買いたいとは思いませんからね。
誠実そうで丁寧で真面目そうな人は信用されます。
誠実な取引をされることが高額査定を呼ぶ可能性があります。

 

 

 

>>日産の参考価格シミュレーション<<

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

運営者情報

 

当サイトに訪問いただきありがとうございます。
車を高く売る為の方法を研究しています。
車を高く売るには複数社を比較することが一番効果的な方法だと思っています。
みんながこの方法をするようになったら車買取会社は全然儲からないようになると思います(^◇^)
まだまだこの比較を実践している人は少ないです。